ジェネリック医薬品とは

新薬としての特許の期間が満了した後、厚生労働省の承認を取り付け、製造、販売をされるお薬のジェネリック医薬品。

新薬と同じ効き目で同じ成分で安全性が確立し製造されているので、開発にかかる費用や、時間が少ないので、新薬と比べて非常に安く製造することが出来ます。

薬によっては、新薬の50%以下で済むものもあり、患者さんの医療費の負担が劇的に抑えることが出来、国の医療費の削減にもより大きく貢献することが出来ます。

ジェネリック医薬品を処方してもらうには薬剤師さんとの相談で、変更してもらうことも可能となります。

医薬品には商品名と、有効成分名を示すジェネリックネームがあります。

ジェネリックネームは世界保健機構WHOに登録されている世界共通の名称で、欧米では後発医薬品の処方がジェネリックネームで行われることが多いので、日本でもジェネリック医薬品と呼ばれています。

バイアグラジェネリックとは

バイアグラとしてのジェネリックはシルデナフィルを有効成分としたファイザー社のバイアグラ以外のED治療薬の事を言います。

2014年で特許満了となったため、世界各地の製薬会社でバイアグラのジェネリック医薬品を製造販売をはじめており、2014年の5月には日本でも東和薬品社がコーヒー味とレモン味の2種類のOD錠を販売しています。

現在は日本国内だけでなく、海外でもジェネリック医薬品を見かけます。

インドは特に成分特許が認められていないので数多くのジェネリック医薬品が製造、販売されています。

バイアグラジェネリックを簡単にご紹介

バイアグラジェネリックの国内・海外の商品を紹介していきます。

製品名:シルデナフィルOD錠50㎎VI「トーワ」

メーカー:東和薬品

有効成分:シルデナフィル50㎎

特徴:水なしで服用できるOD錠でコーヒー味とレモン味がありとても服用しやすいです。錠剤も線が入っており割りやすいのも特徴です。

製品名:シルデナフィル錠50㎎VI「キッセイ」

メーカー:キッセイ薬品工業

有効成分:シルデナフィル50㎎

特徴:丸くて青い錠剤です。

製品名:カマグラゴールド

メーカー:アジャンタファーマ

有効成分:シルデナフィル100mg

特徴:バイアグラのジェネリック医薬品の中では特に知名度がとても高いです。インド製のため100㎎を製造しており、半分、4分の1に割って使う方が多いです。

製品名:ペネグラ25㎎

メーカー:ザイダス社

有効成分:シルデナフィル25㎎

特徴:ピンク色の楕円形のカタチをした錠剤です。25㎎以外にも50㎎・100㎎があります。

詳しくは、 バイアグラジェネ①バイアグラジェネ②をご覧ください。

このページの先頭へ